スポンサーリンク

【画材紹介】私が筆文字アートやイラストに使っている道具をご紹介

art

こんにちは。ろぺ @rope624 です。

今回は、私が普段筆文字アートやイラストに使っている道具画材をご紹介したいと思います。

筆文字やイラストの記事を書くときに、毎回いちいち画材の説明をするのがちょっと大変だなと思ったので、

改めてこちらにまとめて書いておくことにしました。良かったら参考にしてみてください☆

ろぺ
ろぺ

いつも私が愛用しているパートナー達です♡

 

筆ペン(黒)

ぺんてる筆(太字・中字)

ぺんてるの筆ペン

まずは筆ペンです。基本的に私の筆文字作品は筆ペンで書いています。

大きな作品を描く時は書道の筆を使いますが、それ以外の普段SNSに載せているような作品はほぼほぼ全て筆ペンです。

主に使っているのがぺんてるさんの筆ペンで、太字と中字を作品や文字の大きさなどによって使い分けています。

筆ペンのいいところは、やはり硯や墨がいらないところです。

筆ペン一本さえあれば、どこでもすぐに取り出して筆文字を書くことができます。

もちろん墨と筆で書く文字はまた別格の素晴らしさがあるのですが、

やはり準備や手間などがかかりますので、本格的にやろうとしない限りは気持ち的にもちょっとハードルが高いかもしれません。

その点、筆ペンでしたら文房具屋さんで筆ペン一本買うだけで手軽に始められますので、

ちょっと興味があるなとか、手軽に始めたい初心者さんにはピッタリだと思います。

【在庫あり】  ぺんてる 筆ペン 中字 XFL2L
created by Rinker

 

筆ペン(カラー)

カラーの筆ペンは何種類かあるので、ひとつずつご紹介します。

アートブラッシュ(ぺんてる)

ぺんてるアートブラッシュまずは有名なぺんてるさんの「アートブラッシュ」です。

1つずつのバラ売りもしていて、こちらは全部で18色あります。

ペン先は、先ほど載せたぺんてるの筆ペン(黒)の中字と同じだと思います。書き心地もほとんど変わりません。

ぺんてる筆ペン、アートブラッシュ

色は、レッドブルーグリーンなどの原色系で、そのまま書くとかなり鮮やかでハッキリした色合いです。

また、アートブラッシュは水にぼかして水彩画のように滲ませて描くこともできます。

ぺんてる筆ペン、アートブラッシュ

こんな風に水彩絵の具みたいに使うこともできます。

色んな使い方ができて便利ですし、描いていて楽しいのですが、ひとつだけ注意して頂きたいことがあって、

長時間日に当たったり空気に触れていると色が落ちてきてしまうことがあるんです

なので、そうならない為にUV防止のスプレーなどが必要かもしれません。

それだけ注意して頂ければ、アートブラッシュはとても簡単に鮮やかなカラーの文字が描けますし、

にじみやぼかし等、色んな使い方ができてアレンジも楽しめるので、オシャレな筆文字を楽しみたい方にはオススメです。

大人気商品です!ぺんてる/Art brush アートブラッシュ (XGFL) 全18色 カートリッジ式 カラー筆ペン!※カラーブラッシュ後継【筆ぺん】【筆記具】【美術・工作】【ハガキ作り】【年賀状】 Pentel
created by Rinker

 

 

彩~SAI~(あかしや)

彩~SAI~あかしや筆ペン

続いては、あかしやの「彩~SAI~」です。

こちらは20色セットですが、5色や30色のセットもあり、単品でも販売しています。

」という名前からも分かるように、かなり日本画向けの和風が揃っています。色の名前からして和風です。

あかしや筆ペン、彩

ペン先は、アートブラッシュより少し細いかなという感じですが、力の入れ具合で太くも描けますし、さほど変わらない気もします。

やはり特徴は「」の色の美しさですね。牡丹色若草色群青色など、落ち着いた渋めの色がそろっていて、日本画や絵手紙などに最適だと思います。

こちらもアートブラッシュと同じく、水でぼかしたり滲ませて描くこともできますので、色んな楽しみ方ができます。

あかしや筆ペン「彩」

アートブラッシュが原色系なのに対して、こちらは渋めで和の色合いなので、落ち着いた色が好きな方や、日本画や和風な作品を描きたい方にはこちらがおすすめだと思います。

【メール便なら送料190円】あかしや 水彩毛筆「彩」20色セット CA200/20V

 

クリーンカラー リアルブラッシュ(呉竹)

呉竹 クリーンカラー リアルブラッシュ

最後は、こちらも有名な呉竹さんのクリーンカラー リアルブラッシュです。

こちらはなんと言っても色の多さが素晴らしいです。私がもっているのは48色セットですが、

全部で90色もあり、4本セットから6、12、24、36、48、60、最大90色セットまであります。

90色もあれば、ほぼほぼ色に困ることもありません。

 

呉竹 クリーンカラー リアルブラッシュ

パッと見筆ペンと言うよりイラスト用のカラーペンって感じですよね。

先ほどのあかしやの筆ペンと比べてもさらに細いので、細かい絵やイラストにはもってこいだと思います。

もちろん上の2つと同様、ぼかしたり滲ませたり自由な使い方ができます。

呉竹 筆ペン クリーンカラー リアルブラッシュ

こんな感じに滲ませて、色を組み合わせてカラフルな文字も書くことができます。

とにかく色が豊富ですし、ペン先も細くてとても描き心地が良く使いやすいので、細かいイラストや絵や漫画を描く方にはオススメです。

【送料無料!】【ラッピング対応商品】呉竹 ZIG クリーンカラー リアルブラッシュ 48V RB-6000AT/48V 【RCP】
created by Rinker
¥5,730 (2020/09/26 14:29:04時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ドローイングペン

コピックマルチライナー

コピックマルチライナー

ドローイングペンとは、極細の線引き用のペンです。

イラストや漫画や、スケッチや製図などにも使えます。

私はコピックのマルチライナーのブラックを使っています。

コピックマルチライナー

コピックのマルチライナーは、耐水性の顔料インクなので水に滲みません。私は水彩画を描くのでこの滲まないコピックは必須です。

昔はこのペンの存在を知らなくて、普通のボールペンで描いていたのですが、めちゃめちゃ滲んで困っていました。

これを知って使い始めてからは、もう便利すぎて神すぎて‪…こちらを愛用させてもらってます。

コピックマルチライナー ペン画 常田大希

ペンの細さも0.03~1.0まで数種類あり、カラーも何種類かありますので、気になる方はぜひ検索してみてください。

 

【お買物マラソン限定●エントリーで最大ポイント29倍! 2/9 20:00 〜 2/16 1:59まで!】 コピック マルチライナー 4本組 ブラックAセット キャッシュレス 5%還元対象
created by Rinker

 

絵の具・顔彩

固形水彩絵の具

固形水彩絵の具私が主に使っているのはこちらの42色の固形水彩絵の具です。

こちらはパレット型になっていて、それぞれが段差になって収納されています。

ですので、使う時にだけ開いて、使わない時にはコンパクトにしまっておけるので、スペースをとらなくて便利です。

固形水彩絵の具

こちらには水筆(このあと説明します)も一本ついていますので、ちょっと水彩画を始めてみたい方には手軽に筆も絵の具も揃えられるのでいいのではないかと思います。

髪の毛を茶色で塗る

チューブの絵の具と違って、いちいちパレットに絵の具を出す必要もないので、面倒くさがり屋のわたしにはピッタリです。

 

顔彩耽美

顔彩耽美

こちらは有名な呉竹さんの顔彩、「顔彩耽美」です。

顔彩は、陶器などに流し込まれた日本画用の固形絵の具のことです。原料的には水彩絵の具とほとんど変わらないのですが、

とにかく色の美しさ鮮度が素晴らしいです。色の名前からして美しいです。

顔彩耽美

日本画向けに作られていますので、和風で渋めの色が揃っており、日本画や絵手紙などにピッタリの顔料です。

実際に使ってみると分かりますが、本当に色の鮮やかさ美しさが格段に違います。顔料も水に溶けやすく塗りやすいです。(←マジ推し)さすがは呉竹さん。

私がもっているのは36色セットですが、他にも12、18、24、などのセットもありますので、興味のある方は調べてみてください。

【メール便対応可/1個まで】呉竹 顔彩耽美 36色セット MC20/36V
created by Rinker

 

顔彩耽美パールシリーズ

顔彩耽美パールシリーズ

こちらは先ほどの呉竹さんの顔彩耽美のパールシリーズです。

上から順に、メタリック調のジェムカラーズ上品なパール調のパールカラーズ金色ベースのスターリーカラーズの3種類があります。

派手好きなわたしのお気に入りの顔彩です。これをつかうだけでイラストが華やかになります。

 

髪の毛にもパールを入れる

色の名前もやっぱり綺麗です♡キラキラしてるものは眺めてるだけでテンションが上がります。私のお気に入りの顔料です。

呉竹 顔彩耽美 絵具 ジェムカラーズ 6色セット MC20GC/6V メタリック調
created by Rinker

 

水筆ペン

水筆ペン

そしてこれらの絵の具や顔彩を塗るときに使用しているのが、こちらの水筆ペンです。

水筆ペンと普通の筆とは何が違うのかというと、

水筆ペンは、本体の中に水を入れられるので、いちいちバケツで筆を洗う必要がないんです。これがめちゃくちゃ便利なのです。

水筆ペン

水筆ペン

本体を押すとペン先から水が出てきてくれます。なので、ちょっと紙の上で拭いたり、ティッシュや布で拭き取ればすぐに別の色を使えます。

バケツも要らないので屋外や出先で描く時などにももってこいです。

もちろんなければないで、普通の筆を使っていただければ大丈夫です。

アーティストが描画用 フィス水筆ペン ウオーターブラシ 水彩画用筆 水彩パレット付き 6本セット

 

色鉛筆

色辞典(トンボ鉛筆)

色辞典 トンボ鉛筆 色鉛筆

こちらはトンボ鉛筆さんの色鉛筆、「色辞典」です。

辞典という名前の通り、本のような造りになっていて、3冊セットで箱に収納されています。

色辞典 トンボ鉛筆

開くとこんな風に10本ずつ入っています。

色の名前もとてもお洒落で、それぞれ樹木の色花の色鳥の色でまとめられています。

色辞典には第一集、第二集、第三集と、3つの辞典があります。私が持っているのは第一集です。

見た目がまさに辞典なので、本棚に飾っておくだけでもオシャレで可愛いと思います♡

トンボ鉛筆 Tombow [色鉛筆] 色辞典 30色 第一集 CI-RTA[CIRTA]
created by Rinker

 

ホワイトワトソン紙

MUSE ホワイトワトソン紙

紙は、museさんのホワイトワトソン紙を使っています。

いろいろな紙を試してみて、最終的にこの紙に落ち着きました。

ホワイトワトソン水彩画やパステルや色鉛筆画などに適しています。

ホワイトワトソン紙

表面が凸凹しているので、水彩絵の具のノリも発色もよく、パステルや色鉛筆の粉の吸着率もいいです

特にパステルは粉が落ちやすいので、ツルツルの紙だと粉がうまく紙に吸着しないのですが、凸凹があるこの紙だとしっかり粉をキャッチしてくれます。

ホワイトワトソン 色鉛筆 試し書き

色鉛筆で描くとこんな風に凸凹のコントラストが出ます。

筆や水彩もにじみぼかしなどが上手く出てくれるので、私はこの紙が一番使いやすくて好きです。いつも愛用させて頂いてます。

ホワイトワトソンパッド 190g(厚口) F4 PD-6204
created by Rinker

 

まとめ

ひとまず普段使っている画材をまとめて載せてみましたが、他にもまだいろいろあるので、記事に登場する度にこちらに追加していこうと思います。

画材や筆記用具などは、実際に使ってみないと本当に分からないものだと思います。

人によって好みが全然違いますし、どんな絵や文字やアートを描くかによっても、何が適しているのか全く異なってきます。

使っていくうちに好みも変わってきたり、これが自分に合っているな、使いやすいなというのも分かってきます。

ぜひ一度ご自身でいろいろな用具を試してみて、自分と相性のいい画材や筆記具を見つけてみてください。

何事も実践と継続がとても大切だと思います

ですが無理はせず、まずは楽しむことを第一に、マイペースにご自身のアートの世界を探究していってください。

ろぺ
ろぺ

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました