スポンサーリンク

語ることが治療になる

語ることが治療になる 生き方

語ることが治療になる

こんにちは。ろぺ @rope624 です。

最近ブログを書いていて気づいたことがあります。

それは、ブログを書くことが自分自身の治療になっているということです。

ブログを書くことで少しずつ自分を自分で癒していっている気がするのです。

少しずつ心が軽くなっている気がするのです。

誰かに届けたくて伝えたくて書いているはずなのに、

結局、一番救われているのは自分自身なのだということです。

「言うこと・話すこと・語ること」が治療になるんだね💊

 

語ることが自分を癒すことになる

ブログを書くときって、ものすごく過去のことを振り返ります。思い出します。

子供の頃の自分や、病気になる前の自分、病気になった当初の自分、

辛かった時のこと、苦しかった出来事、傷ついた言葉、悲しかった思い出、

いろんなことを思い出します。

嫌でも思い出さないといけません。

自分の経験をブログに生かすということはそういうことです。

嫌でも過去の自分と向き合わなければなりません。

でもそれが、結果自分を癒すことに繋がっていたんです。

改めて思い出すことで気づくことが沢山あるんです。

過去のことを思い出す時、私はその当時の場面にタイムスリップする感覚になります。

そこに子供の頃の私がいます、それを少し離れた場所から今現在の大人の自分が見ているんです。

とても不思議な感覚です。

苦しかっただろうな、寂しかっただろうな…と、いろいろな感情が湧きます。心が痛くなります。

同時にその子(自分)を抱きしめてあげたくなるんです。

こんなに頑張っていたんだね、こんなに辛かったんだね、よく生きていたね、よく頑張っていたね…って。

そして、もう大丈夫だよ、もう大丈夫だからね、って抱きしめてあげるんです。

もちろんバーチャルの世界でです、頭の中でです。

たまにぬいぐるみを抱きかかえて、それを子供の自分に見立てて抱きしめることもあります。

頭をなでなでしてみたりもします。

傍から見たらオカシな人です。イタイ人です。

30過ぎの大人がぬいぐるみを抱き抱えて話しかけたり頭なでなでしてるんですから。

一度母に見られて冷たい目をされたこともあります。一瞬止まってました。凍ってました。笑

…と、そこまでする(ぬいぐるみ抱きしめる)必要はないと思いますが、

とにかく過去の自分、子供の頃の自分、辛かった時の自分を思い出し、今の自分が抱きしめてあげることで、

その時の苦しさが昇華される感覚になります。

成仏してくれるんです。

ずっとそのときの苦しさや悲しさや怒りが、恨み妬みとなって消化されないままでいたんだと思います。

心の奥底でずっと眠ったままだったんだと思います。

何十年経った今でも。

それを思い出しブログに書くことで、治療になっているのだと思います。

その時のことを、その時のつらさや悲しさ、怒り、感情を、

言葉文字にすることで、過去の苦しさや身体に溜まっていたドロドロしたものを吐き出しているのです。

心のクリーニングです。

実際、記事をひとつひとつ書きあげるごとに、荷物をひとつ降ろしている感覚にもなります。

 

坂口恭平さんのツイート「精神病は”声になっていない声”のこと」

以前、坂口恭平さんがこんなツイートをしていました。

 

 

この世で精神病と呼ばれていたものは、実は「声になっていない声」のことです。

この表現にはとてもしっくりきました。

私も「言えない」ことが病気の源をつくっていると思っていたので、まさにこのことだと思いました。

話せばよかったんです。

みんなに、人に、誰かに。

その辛さや苦しさを共有できる誰かに。

そして共有すればよかったんです。

みんな分かってほしいんです。自分の辛さを苦しさを、哀しさを、怒りを、

聞いてほしいんです、そして受け取ってほしいんです。

キャッチボールのボールを、キャッチしてほしいんです。

心が繋がりたいんです。

心が繋がれる人がほしいんです。

だから、話すんです。

感情を吐き出すんです。

必ず受け取ってくれる誰かはいますし、それは誰かのためにもなります。もちろん、自分のためにも。

 

あなたの体験を語ってください

 

そして最後に、このブログにも何度も登場しているおちゃずけさんの言葉を紹介させてください。

 

一人でも多くの当事者の方が
その苦しみを語れるように。

そして勇気を持って語ってくれたとき、受け入れられる社会になるように。

私は、今後も漫画を描き続けたいです。

当事者のみなさん、

語って下さい。

あなたが語ることが
誰かの勇気となります。
そして誰かを支えることが
実は何よりも
自分自身の支えとなるから・・・・

出典:おちゃずけブログ

 

語ってください。

あなたのことを。あなたの苦しみを。痛みを。哀しみを。

それは必ず誰かのためになります。

誰かを救うことにもなります。

そして誰より

あなた自身を救うことに。

 

語ってください。あなたが語ることが誰かの勇気となります。

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました